福岡システムLSI総合開発センター

福岡LSIセンターの機能

シリコンシーベルトサミット (終了)


福岡県では、東アジア地域(京畿道(韓国)、九州、上海、新竹(台湾)、香港、シンガポール等を結ぶ半導体生産のベルト地帯「シリコンシーベルト」)における先端的な半導体開発拠点の構築を目指す「シリコンシーベルト福岡プロジェクト(SSBプロジェクト)」を推進していました。

SSBプロジェクトは、福岡、北九州地域における大学等の頭脳資源や半導体関連企業の集積、及び自動車産業の集積等地域ポテンシャルを最大限に活用し、世界最大の半導体産業・消費地に成長したシリコンシーベルトの核となる、世界レベルの先端半導体開発拠点の構築を目指したものです。

このシリコンシーベルト地域の連携を強化するため、東アジア地域の半導体分野のオピニオンリーダーが集結し、情報交換を行う国際会議「シリコンシーベルトサミット福岡」を2003年から2013年まで開催しました。

 
>> シリコンシーベルトサミット福岡2003
>> シリコンシーベルトサミット福岡2004
>> シリコンシーベルトサミット福岡2005
>> シリコンシーベルトサミット福岡2006
>> シリコンシーベルトサミット福岡2007
>> シリコンシーベルトサミット福岡2008
>> シリコンシーベルトサミット福岡2009
>> シリコンシーベルトサミット福岡2010
>> シリコンシーベルトサミット福岡2011
>> シリコンシーベルトサミット福岡2012
>> シリコンシーベルトサミット福岡2013
TOPへ戻る ・
(公財)福岡県産業・科学技術振興財団 福岡システムLSI総合開発センター